追記

いがいが日記


2015-06-24 [長年日記]

_ 38

今年も無事に誕生日を迎えられてありがたいことです。35を過ぎた頃から、仕事やその他の場面でやっていることが多様化して、いろんなことに取り組んでいます。難しいこともありますが、たのしいこともあり、最優先事項の婚活について進捗がない状況におちこんだりもしてるけど、私は元気です。

励ましの支援物資リストはこちらです!
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2TLT47SZTDJ1J


2015-06-23 [長年日記]

_ スティーブズ&東京トイボックス

お誘いいただいてスティーブズなみなさんと肉を食べる会にお呼ばれした。うめさんは大好きな東京トイボックスの作者さんでもあり、ミーハーにいろいろ質問させてもらって「なるほどあのシーンはこういうことだったのかー」と1人で腑に落としていた。あと、ファンのカプの発想は作者を超越するのすごい。

松永さんは本当にジョブズ大好きで、いろいろエピソードを教えてくれた。ディスプレイの水平帰線の合間にDRAMのリフレッシュをいれたウォズさんマジ天才萌える!って盛り上がって妹尾さんを置いてきぼりにしてしまったり。

話題はみなさん本大好きなこともあってディープな本談義が多くとても面白かったなー。本読みたくなった。特に「火星の人」がイチオシされてたので読んでみたい。

お誘いいただいたbnkrの編集長様ありがとうございました!描いていただいたウォズとジョブズ。そして月山ちゃんは家宝。夢が1つ叶った。

スティーブズ1

スティーブズ2

東京トイボックス2

火星の人

https://instagram.com/p/4RmZTOoF7y/


2015-06-05 [長年日記]

_ RedDotRubyConf

RedDotRubyConf、大満喫でした。発表は面白いものが多くて、しかもシングルトラックなので1つ1つの発表に集中できてとても良かったです。カンファレンスの内容については後でるびまに寄稿しようと思ってます。(もしも出なかったら察してください。)

シンガポールはいろんな民族の人が住んでいる国だからか、このカンファレンスもいろんな民族の人たちがわいわい発表している雰囲気がとても良い。アフターパーティでは海外組とも地元の人ともたくさん話せたので楽しい時間でした。それと、RubyConfでは珍しく参加者と発表者の女性率も高くて、半分まではいかないけど、3割か4割くらい。他のカンファレンスもゆくゆくは多民族老若男女が集まる場所になれるのかもしれないな。

日本以外で世界のRubyConfを1つ勧めるなら、RedDotを勧めたいと思える今回の参加でした。日本からだと乗り換えなしの8時間で着けるし、空港から地下鉄で街へ行けるし、ごはんも何食べてもおいしいし。カンファレンスランチもビュッフェ形式で温かい料理が出てきて、しかもめちゃめちゃうまくて感動。

英語は喋るのはだいぶがんばれるようになってきたけど、聞くのがまだ全然できなくてしょんぼり。もっとがんばろう。

Paoloさんが5年前くらいに会っただけなのに覚えててくれてたくさん話せた嬉しかった。アーロンさんは自撮り棒が大人気w。西嶋さんと久々に話せたし、matzさんもたくさん話せていろいろ教えてもらった。しばたさんはシンガポールHacksいろいろ教えてくれて大変ありがたや。悪だくみもできてよかった。珈琲タイムのテーブルが隣になって話してた人が関西Ruby会議のオーガナイザーさんだと分かってfbでやりとりしてましたねどうもどうもって話してたら私がRuby始めた頃から知ってる雲の上の人cuzicさんだと分かってうろたえた。Win32OLEの本、めちゃ活用させてもらってました。

今回、行くかどうか迷ったのだけど、この前台湾に行った時に @JuanitoFatas さんに勧められたこともあって思い切って行ってみて本当によかったです。 オーガナイザーの @winstonyw さん、素晴らしいカンファレンスをありがとう。

今回の費用は弊社 spicelife に出してもらいました。また、留守中仕事をまわしてくれた同僚たちに感謝します。


2015-06-03 [長年日記]

_ シンガポールの旅 入国編

@winstonyw さんにRedDotRubyConfに遊びにおいで、と言われていて、さらに先日の台湾で @JuanitoFatas さんにもRedDotで会おうぜ!って推されたので、思い切って初めてのシンガポールまで来てみました。

今回は羽田の深夜便をはじめて使ったのですが、やっぱり羽田は近いし、会社終わったらジムでシャワー浴びてそのまま移動するとなんだかのんびり余裕もって行動できたのでとてもいいですね。24時頃出発で、4時頃朝ご飯で起こされるのであんまり寝れないですが、寝てれば8時間の旅でシンガポールまで行けるので楽なものです。

最初のミッションはsimカードの購入。シンガポールのチャンギ空港では両替してる銀行でsimカードも取り扱いしている。 Singtel社の15ドル がいいよとお勧めされてたのだけど、50ドルとか30ドルのはあるのだけど、15ドルのがなく。諦めようとしたら、StarHub社の18ドルで5日間インターネットだけ使えるsimが18ドルで売られていたのでこちらにした。

https://instagram.com/p/3cggY7oFwZ/
https://instagram.com/p/3cgVg-oFwD/

ミッションクリアです。これでネットを得たのでマリオの無敵スター状態です。ちなみに空港着が朝6時だったけど、両替屋さんたくさん開いてました。日本で両替したら97円=1シンガポールドルでしたが、こちらだとどうも90円=1シンガポールドル(計算よく分からないので違うかも)みたいなので、やっぱり現地の方がレートが良さそう。今回は朝早く着なので安全を見て日本で両替しておいた。

次はこちら版SuicaのEZ link Cardを買うミッション。これは空港MRT駅の窓口(AM7時開始)で12ドルで買えた。5ドルがカード代で残りの7ドルがチャージされている。使い方は台湾のイージーカードと同じ。便利。

シンガポール、入国審査が滞在日数しか聞かれなくて楽!しかも空いてるし!最高。空港から地下鉄で街まで行けるのもとても便利。雰囲気はアジアの中国文化とイスラム?文化とアメリカ文化を全部混ぜた感じでエキゾチック。今まで体験したことない文化です。

スタバを見つけて今日の仕事開始です。コーヒーは一番小さいやつで3.7ドル。WiFiと電源があってナイス。RedDotは明日から。楽しみです。:)

追記:電源コネクタはBF。電圧は200〜240Vで幅があるみたい。電源使うのmacだけだから、変換コネクタつければ他に特に気にしなくていい。飛行機が787で席に電源あって便利だった。(でも地上では給電してないのね)


2015-05-15 [長年日記]

_ 四月は君の嘘

元天才ピアニストの男の子と、魅力溢れるバイオリニストの女の子のお話。完結の11巻が出て読了。素晴らしい作品でした。今まで読んだ漫画の中で一番かもしれない。そのくらい心動かされた漫画でした。強く推したい作品です。(できるだけネタバレしないように注意して以下書きますが、例えば途中まで読んでいて最後まで読み切ってない人は、先に読み切るのをお勧めします!)

場面の描写が好きでした。桜の舞う学校の帰り道、昼下がりの音楽室、2人乗りの自転車。心理描写も丁寧で、演奏のシーンはそこまでのシーンが次々と浮かんでいく、映画のような漫画です。「映画のワンシーンのようだ」ですね(作中でもこの台詞出てきます)。

物語については読んでもらえば分かるのであんまり触れないようにします。最後まで読み終わると、1巻の最初からの各場面の感じ方が変わるので、私もまた1巻から読み返しているところです。

素晴らしい作品に出会えて最後まで読めた喜びと、続きを楽しみにする喜びがなくなった寂しさとがありますが、アニメもまだ見ていないので見れたらよいなと思います。画像は1巻に挟まっていた販促用のイラストです。

四月は君の嘘

四月は君の嘘


追記