«前の日(03-27) 最新 次の日(03-29)» 追記

いがいが日記


2005-03-28

_ キリンビール、KW乳酸菌のアトピー改善効果確認

good job!

ぜひ食べたいです。

実際、どこまで効くかは分からないけど、

周りに効く人が多ければ精神的な効果も加わるし。(^^ゞ

日経BPの記事は登録しないと読めないかもなので、

この菌が発見されたときのニュースリリースも載せておきます。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ いが [ぢいさんいらっしゃい! もうこれを使った商品もあるみたいなんで、 人体実験したら結果教えてください。(^^ゞ]

_ ゆうき [アトピーで病院に10年近く通い続けている俺としても 興味大いにあり!!]

_ いが [ゆうきさんもいらっしゃいませ! 実は77offはアトピー闘病者率が高かった?! 私は7年ほど病院通ってます。負けた。..]


2006-03-28

_ [C++] 重箱の隅まで食べるC/C++

satoyuさん主催の勉強会に参加。

非常におもしろかったです!

規格書を読んでみたくなりました。

C++ってやっぱりはまりどころ満載で怖いなぁ。

---

一時オブジェクトの寿命に注意。

動的な初期化を伴うグローバル変数・クラス変数は災いの元。

charのデフォルトsigned/unsignedは処理系依存。

異なる型同士の演算規則は複雑、そういう演算が起こらない設計を心がける。

satoyuさんは規格フェチ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ kzy [charのsigned/unsignedは昔gccでクロスコンパイル環境を作ったときにはまったことあるよ。そういうコ..]

_ いが [>kzyさん 私は複数環境で動かすコードはあんまり書いたことないので、 #あ、solarisとwinしか書いたことな..]


2007-03-28 晴れ、桜ほころびゆく

_ 第1回天野カンファレンス

「全てのプログラマは二つに分けられる。天野と天野以外だ。」 - 咳さん

アマカンに行ってきました。

天野の第一人者によるソフトウェア開発に対する思いのたけを聞いてきました。

ぁまんによさんはソフトウェア技術者としての成長の軌跡を説明。

コミュニティに参加してから成長度が加速したとのことになるほどと。

あまにょさんはアナロジーを使ったLT術(むしろ飲み会マッシュアップ術)について力説。

amachangさんは自作のjavascriptでのプレゼン。

ブログで知ったかぶって書いてみる

→つっこまれて分からなければ調べればいい

→知ってて書かないより書いた方が絶対いい

という発言に共感しました。

その後の質疑応答では聴衆の天野さんたちへの愛が溢れる質問が続出。(笑)

さらに試験的こころみのワールドカフェは

飲み会以外で参加者同士でゆっくり話ができるという斬新な企画でした。

これ、なかなかいいかも。

残念ながら体調イマイチだったので懇親会は不参加だったのですが、

最後に天野の皆さんにサインを頂きました!(^^)

追記

TAKESAKOさんのページで各種写真が公開されています。

デジタル一眼レフいいなぁ。


2008-03-28

_ 二進人よ永遠なれ - Binarian Forever

我らがバイナリアンsatoyuさんの送別会が、

日本三大アジャイル聖地の1つ、でり坊で行われました。

今回もさとゆさんの厚い人望へ対応すべく、

キャパーオーバーの人数をテーブルのレイアウト変更で

柔軟にさらりと対応してしまうあたり、

アジャイル居酒屋として不動の地位はゆるぎありません。

そして記念品として贈られたのが二進人Tシャツ。実用新案申請中(嘘。

これ以上は無い、といえるGoodChoice。

各所で沸き上がるバイナリアンコール、鳴りやまない拍手。

さとゆさんとは私が入社した日にわざわざ席まで遊びにきてくれたことから始まり、

規格書嫁!の習慣を根づかせてくれたり、

勉強会の講師や記事のレビューまで、未熟な私を指導してくださいました。

ホントにいろいろとお世話になりました。

新天地での活躍にwktk期待ageと言わざるを得ません。

そして今後ともどうぞよろしくお願いします。(でり的な意味で)>satoyuさん

写真はいつまでもやまない拍手の中、会長さんと乾杯するバイナリアンの図。

その後、店の前で胴上げ。勢いでiwagakiさんも胴上げ。w

引き続き行われた呑まれ部の活動では名誉顧問のkoicさんとしっかり活動を果たすあたりに、

呑まれ部の厳しさと気高さを私は知るのでした。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ satoyu [ありがとうございました〜。そして、二次会および三次会の店名のみならず場所すら覚えておらず、捜索が困難を極めている件。]

_ wara [噂の人ですね。一度お話してみたかったのですが残念です。 またどこかで機会があれば。]

_ いが [>satoyuさん おつかれさまでした! そして本当にありがとうございました。 ↑いや、ネタじゃなく。。。w ..]


2009-03-28

_ GenesisLT Vol.14 で「青空エール」を語ってきた

前回につづいてGLTさんへ遊びにいってきました。

今回のテーマは「プロジェクタを使わないでプレゼン」。

かなりハードル高いです。

私は話すのが苦手です。

発表、というよりも、人との会話で話すのが苦手。(なので聞き手になりがち)

登壇するときは資料に話すことが全部つまってるし、

練習もしていくのでそんなに大変じゃないのですが、

しかし資料が使えないとなると、

5分とはいえ話し続けるのはかなりハイレベルなミッションです。

ということでかなり尻込みしてたのですが、

前回のOSCで「発表者になろう!」という話を聞いたので、

これはチャレンジすべきだろうと。

ということで飛び込みで喋ってきました。

題材は先日紹介した「青空エール」。

別冊マーガレットコミック。

かなり良い台詞がたくさんあるので紹介しました。

前置きが長くてあまり話せなかったけど、

懇親会で回し読みして「きゅーん。」な気持ちを共有できたので良し。

いいとこたくさんあるんだけど、一番言いたかったのは亜希ちゃんのこの台詞。

「よかった

うやむやにしないで言ってくれる人で

ごまかしたり腹に抱えたままずっといられたら

いつまでたっても関係築けないし」

ちなみに昨日本屋へ行ったら青空エール第2巻が出てたので買ってきた。

アサマシくリンクはっておきます。(笑)

山田君かっこよすぎです。惚れます。

そしてGLT他の発表も素晴らしかった。

紙工作あり、ジャグリングあり。

素晴らしかったのは笑顔を作ったsumikkoさん。素敵だった。

あと、TwYM(IRCログ表示機能付きタイマー)もバージョンアップして

使っていただきました。

デプロイできる形にしたら公開します。ちょい待ってね。


2010-03-28

_ [twym] TwYM ver.0.80 release

メッセージ表示機能付きタイマー"TwYM"を立て続けにバージョンアップしました。

--- 変更点 ---

メッセージ表示を140文字へ拡張

rbuconvを標準ライブラリnkfで置き換え

バグ修正

- QC で表示が黒帯になる問題修正

---

最近はIRCよりもtwitterを表示することが多いので、

140文字全部表示に対応しました。

でも字を小さくするのは嫌だったので工夫してみた。

何回か運営して感触をみたいところです。

(βテストに協力してくれる勉強会開催者の方はご連絡ください。(^^))

あとは、UTF-32BEへ文字コード変換するところで使っていたrbuconvを

組み込みライブラリのnkfで置き換えました。

ruby 1.8.7 だと kconvじゃUTF-32BEに変換できんよな、

と思ってたんですが、nkfを使えば

UTF-8(non BOM) から UTF-32BE(non BOM) へ変更できるんですね。

nkfのヘルプちゃんと読んでれば・・・。

サンプルコード貼っておきます。

ちなみに -W は -W80 と同じです。最後の0はBOM無し。

あとは、nkfの定数を調べるのに class/module名.constants すればいいとか、

ruby1.8系で日本語でX文字切るには正規表現を使う、とか、

日本語の改行コード削除もchop!じゃなくて正規表現で削除する、とか、

そんな基本的なところを学びました。


2014-03-28

_ じぐそうさんがバイトに来た

高専カンファレンスのマスコット的存在である じぐそうさん( @neo6120 ) が弊社spice life にバイトにきてくれた。1ヶ月という短い期間だったけど、面倒な作業を根気強くやってくれたり、最後は自分の得意分野を活かして弊社の技術力を上げてくれた。

じぐそうさんとは高専カンファレンス004福井(2009年2月28日)でたしか隣に座って、当時高専2年生だった若者が一生懸命ust配信をしてくれたのを見たのが出会いだ。その後、彼がパーソナリティをやっている地域ラジオにみんなで出たり、彼が教官室で必死に単位をせびる姿を目の当たりにしたのをよく覚えている。

当時16歳の高専生だった彼は5年が経って大学を卒業して一緒に仕事をすることになった。これは私にとってとても嬉しいことだった。その5年の間に私がやった高専カンファレンス(014かな)に遠くから来てくれて、私のプレゼンがとても良かったと言ってくれたり、5周年パーティでその話を一緒にしたり、そのたびに成長を感じていていた彼と一緒に仕事をして、もちろんインターンではなく戦力として雇い、こちらの想定以上の成果をあげてくれたのは、おじさん冥利につきるというものだ。

びっくりしたのは、社会人にもまだなっていない若者が普通にエンジニアの戦力としてチームに加わったことだ。若者の力には恐れ入る。同じくバイトのいまやさんとのjsディスカッションはなかなかに激しくて聞いていて痛快だった。持ち前の明るさでムードメーカーにもなってくれた。(チャットでのコミュニケーションは雰囲気作りが重要なんだと再確認)

4月からの社会人生活、がんばってください。また一緒に仕事をする日を楽しみに。で、いつからなんだろう。(これはバイト中に何回も言ってちょっと引かれていたことだが、改めて書いておく。)

まとめ:若者を育てて搾取する壮大な計画の第一歩をまんまと踏み出せたお話をいい話風に仕立てて書いた

じぐそうさんも日記を書いていたが、これを読んで書こうと思ったわけではなく、単に先をこされただけだ。

http://blog.jgs.me/post/81024026591/finished-spice-life-albeit

追記:弊社spice life では学生バイトさんも正社員も募集しています!!


2015-03-28

_ Rails寺子屋x高専カンファレンス 第6回

気づけばもう第6回の寺子屋、今回は恵比寿ガーデンプレイスのクックパッドさん新オフィス。とてもきれいで居心地の良いカフェという雰囲気で最高の場所でした。

師範も少しずつ人数を増やせて今回は15人。mrknさんも日本に戻ってきて復帰してくれて嬉しい。新しい試みとして最後の1コマをペアプロにして師範と生徒さんでペアプロをする時間にした。師範のアドリブ力に頼りつつも、評判よかったようでほっとしました。

私は久々に講義をしてRailsの仕組みについて話しました。みんなのレベルが高くてかなりの駆け足。だいたい半期分10回ほどの講義内容が3時間で終了。まちゅさんにも話してもらいたかったのでそれはちょっと残念。

毎回遠方から参加してくれている学生さんもいて嬉しい限りです。参加者のみなさんありがとうございました。全国の高専でも出張開催とかできるといいのですが。次回は7月頃やると思うのでみなさんまたお会いしましょう。師範のみなさん、いつも通りほぼ指示なしでのぶっつけ本番で運営してくださりありがとうございます。特に会場係のmrknさん、そらはーさん、ありがとうございました。あーさんも買い出し&懇親会運営ありがとう。


«前の日(03-27) 最新 次の日(03-29)» 追記