«前の日記(2017-04-07) 最新 次の日記(2017-05-15)» 編集

いがいが日記


2017-05-13 [長年日記]

_ エラスティックリーダーシップ ― 自己組織化チームの育て方

オライリーさんより「エラスティックリーダーシップ」本を頂戴しました。書評です。

開発チームのリーダーがどのような状況で、どのようなことをすべきなのかを説明している本です。大きく前後半の2つに分けられて、前半はチームの現状をサバイバルモード、学習モード、自己組織化モードと3つの状態で分類して、それぞれのモードからより好ましいモードへどのように遷っていけばいいかを具体的に説明します。

後半はリーダーたちがどのようなことを考えながら前に進んでいるかの寄稿集で、抽象化した問題だけでなく具体的なケースを交えて議論を深めています。日本語版では日本のリーダーたちの寄稿もあり、さらに考えを深められます。

正直なところ、私にとっては耳が痛いことが多く書いてありました。リーダーとしての自分がうまくできていないことに気づくことが多々ありました。そんなときには、ではどうするのが良いのだろうかと考えます。この本に答えのヒントが書いてあることもあります。コミットメントのハンドル方法や、「制御下にあるものにコミットする」の考え方など、分かりやすく説明がある話題も多いですし、3つのモードに分けてチームの状態と方向性を考える方法は問題をシンプルに考えさせてくれます。後半のリーダーたちのエッセイ集も具体的な事例での学びがたくさんあります。

一方で、この本では答えが分からないことも、もちろんたくさんあります。(たなべすなおさんや伊藤直也さんのエッセイは本書の先を示唆しているものだと思う。)それらの課題を抱えて進んでいく、そのときに携えていく心のよりどころとなる1冊になるんじゃないかと思います。レビューで参加させていただいたので一足先に読むことができたのはラッキーでした。もっと早くに出会いたかった1冊でした。

エラスティックリーダーシップ ― 自己組織化チームの育て方


«前の日記(2017-04-07) 最新 次の日記(2017-05-15)» 編集