«前の日記(2021-01-15) 最新 編集

いがいが日記


2021-02-19 [長年日記]

_ COVID-19対応生活日記

前回のコロナ対応生活日記は9月だったので随分経ってしまった。 https://igarashikuniaki.net/diary/20200902.html

正月は実家に帰らずに東京で過ごした。はじめて紅白歌合戦をラジオで聴いたらこれはこれでなかなか良いものだった。

2021年に入ってすぐ、東京の感染者が1000人を超えたあたりで緊急事態宣言が出た。当初1ヶ月の予定だったが、1ヶ月延長して現状では3月初旬までの予定となった。緊急事態宣言になるとランチの時間もお店から目に見えて人が減った。おそらく出社して仕事していた人たちが在宅に切り替えたのではないか。飲食店も休業するお店が増えた。コロナがはやりだしてそろそろ1年、飲食店の中には休業ではなくて閉店してしまうところもいくつか出てきている。また夜も20時までの営業が推奨され、守っているお店がほとんだ。

それ以外の点ではあまり変わりなく、ランチ営業をやっているお店も多いので生活にも特に影響はない。開店直後の空いている時間を狙って食べにいっている。持ち帰れりメニューがある店はできるだけ注文するようにしている。

ワクチンが世界平均よりはだいぶ遅れているが、そろそろ医療従事者向けの接種が始まりそう。一般人は年内に打てれば良い、くらいの予想だ。ワクチンというのは考えれば当たり前だが、打っても感染しないのではなくて、感染しても症状が極弱い状態で済む、というものだから、ワクチンを接種しても他の人にうつすリスクはゼロにはならなそうだ。接種後も当面はマスクが必要ということにようやく気づいた。とはいえ感染力も落ちると思うので、接種前よりは感染スピードが落ちるだろう。

オリンピックは森会長が失言辞職したが、中止にはなっていない。困ったことだがまだやる気があるようだ。

世界経済は株価が過去最高を記録したり、仮想通貨が過去最高額になったりと熱狂している。コロナに対する経済支援でお金がたくさん動いているからだろうと思う。もしもこのままコロナも落ち着き、バブルがはじけることもなかったら、未来に賞賛される経済政策になるのかもしれないし、そうなるのを願っている。「実態経済にそぐわないからバブルだ」と言う声もよく聞こえてくるが、株式市場がある現在の経済世界で実態とは何なのかよくわからなくなってきた。将来の期待を織り込んで株価は動くものだから、そもそも実態という言葉ほどは実態ではないのだろう。みんなの期待と株価が著しく離反したときがバブルという理解であっているのだろうか。


«前の日記(2021-01-15) 最新 編集