追記

いがいが日記


2021-07-23 [長年日記]

_ COVID-19 対応生活日記

ついにファイザーのワクチンを接種した。三鷹市は高齢者につづいて40歳以上に接種券を送付。ネットで予約しようとしたタイミングでは空きがなかったが、ご近所ネットワークで近くの会場の予約がそろそろメンテ明けだと教えてもらい、そのタイミングで土曜に予約できた。接種は三鷹の連雀コミュニティセンターで、まずホールで受付と検温、その後体育館で受付と問診と接種、最後に次回の予約をして、事後観察のため15分ほど待機して完了した。とてもスムースでほぼ待ち時間はなく、全部で1時間かからずに終わったと思う。次回は3週間後から打てるそうなので3週後の土曜に打つことにした。

接種後の副反応は打った左腕がすごく重い。打ったときから動かすのが面倒な感じになってきて、夜には腕を上げるのもたいへんなくらいに。四十肩と似た感じではあるが、筋肉の一部だけが動かない感じで、特に痛みも起きないのでつかう筋肉を工夫すれば持ち上げられる感じだ。土曜夕方に打ち、打ってから12時間後の日曜午前中がピークで夜には少し楽になり、36時間後である翌朝にはだいぶ動かせるようになっていた。

そのほかの副反応、目立ったものはないが、翌日はなんとなく熱のあるような感じで倦怠感があり、ただ体温を測ると平熱だった。2日後も少しけだるい感じで、風邪の引き始めの体が何かと戦っている感。私は体内で何かと戦っていることを検知できる体質なのだろうか。3日後、4日後、5日後とまだけだるいが、よくはなってきている。すごく眠い。結果、1週間ほどは本調子ではなかった。

世界的にはインドで生まれたデルタ株が猛威をふるって、ワクチン未接種者の間で感染が広がっている。感染の強さが驚異的で、数秒の接触で感染したという事例も報告されている。若者など接種できない人たちをどう守るかが次の課題になってきている。デルタ株にも現在のワクチンは有効なようだが、より効果のあるワクチン開発も進んでいるとニュースで流れている。オリンピックは結局このままやるようで、日本には不安が募っている。また、ワクチンが予定に対して少ないことがわかってきたようで、新しい予約を一時停止しているようだ。


2021-06-20 [長年日記]

_ COVID-19対応生活日記

前回のコロナ対応生活日記は2月。 https://igarashikuniaki.net/diary/20210219.html

断続的な緊急事態宣言がつづいている。東京は感染者数が徐々に増えてGWに1000人を超えた。その少し前の4/25に緊急事態宣言が出たのがよかったのか、その後ゆるやかに減っていき、6/16の感染者数は500人へ減ってきた。ただ、緊急事態宣言が解除されるとのニュースがあるのでまた増えてしまうのかもしれない。飲食店は5月いっぱいまで休んだところが多かったが、6月から緊急事態宣言中でも営業している店が増えた。また、お酒の提供が禁止されている。

オリンピックは中止になるかと思っていたが、どうやら本当にやるらしい。常識的には考えられないという世論もあるが、政治的に大きな利得があるようで政府は押し進めている。無力感を感じる。

世界はアメリカなど先進国でワクチンの接種が希望者にはいきわたり、落ち着きを取り戻しはじめた国もありそうだ。アメリカはかなり迅速にワクチン接種を進めていた。一方で台湾は中国の妨害でワクチンを入手できず苦しんでいる。血栓問題で日本では承認できなかったアストラゼネカのワクチン100万本程を送ったところ大きなニュースになったようだ。自分のところでつかえないものを渡しているようで心苦しくもある。また、このCOVID-19ウィルスは中国の研究所で作られたものが漏れたのではないかという調査も始まっているが、真相はまだ解明されていない。

日本では当初ワクチンの入手に手を焼いていたが、GW明け頃から急速にペースが上がり、6,7月中に65歳以上の人には1回目の接種が行われるくらいのペースになってきた。三鷹市ではそのあとは40歳以上に接種券が郵送されると公報があり、6/29から発送されるとのこと。このニュースでワクチンが現実のものになった実感がわいたのか、心が急速に軽くなった。人間、希望の出口が見えると前向きになれるのかもしれない。また、職域接種も盛んに行われるようになった。ペパボさんから業務委託なのに声をかけていただけて大変ありがたかった。1000人単位で接種できるそうで、フリーランスの団体といったところでも行われるようだ。自治体での接種券郵送がボトルネックになっているようで、事務作業を肩代わりできれば接種速度が上がる模様。自衛隊でも大規模接種会場をつくっていて、接種券がある人は東京と大阪の会場へ行ければ接種できるようだ。一方で東京以外の地域ではそのような進め方は難しいだろうから速度を上げるのが難しそうだ。


2021-06-01 [長年日記]

_ Emacs 27.2

マシンをセットアップする機会があったのでEmacsも最新バージョンでビルドした。前回は27.0.91だったので特に問題起きず。 Intel MBPのmacOS Big Sur, Catalinaでビルドした。

前準備

  • (ビルドエラーが出るので) You do not seem to have makeinfo >= 4.13, ...

    • makeinfoのバージョン古い対応
    • $ brew install texinfo
    • $ ln -s /usr/local/Cellar/texinfo/6.7/bin/makeinfo /usr/local/bin/.
      • 6.7はバージョンによって変わるので注意
      • ターミナル再起動
    • $ makeinfo --version
  • (ビルドエラーが出るので) 'libxml/tree.h' file not found エラー対応

    • $ brew install libxml2
  • migemoをbrewでインストール

    • $ brew install cmigemo --HEAD
  • markdownをbrewでインストール

    • $ brew install markdown

build

MACSDK=`xcrun --show-sdk-path`
export LIBXML2_CFLAGS="-I${MACSDK}/usr/include/libxml2"
export LIBXML2_LIBS="-lxml2"

cd ~/work
wget http://git.savannah.gnu.org/cgit/emacs.git/snapshot/emacs-27.2.tar.gz
# git clone --depth 1 git://git.sv.gnu.org/emacs.git
git clone --depth 1 https://github.com/takaxp/ns-inline-patch.git

tar xvzf emacs-27.2.tar.gz
cd emacs-27.2
patch -p1 < ../ns-inline-patch/emacs-27.1-inline.patch

# sleep 5
./autogen.sh
./configure CC=clang --without-x --with-ns --with-modules
CORES=4
make bootstrap -j$CORES
make install -j$CORES
cd ./nextstep
open .
cp Emacs.app/Contents/MacOS/bin/emacsclient /usr/local/bin/.

前回

27.0.91 https://igarashikuniaki.net/diary/20200801.html


2021-05-01 [長年日記]

_ Sakura VPS Ubuntu 18.04, Ruby3.0.1, tDiary 5.1.5

この日記を動かしているSakura VPSを式年遷宮してOSから新規インストールした。Ubuntu 20.04にするにはISOアップロードが必要だったので、選択できた18.04にした。OSインストールはかんたんであっという間だった。これで2023年まで使える。

tDiaryだけならばDBとコンテナにしてHerokuで動かす方が楽かもだけど、ちょっとHTTPサーバで公開したいとか、しばらくバックアップで使いたいとか、VPS環境があると便利なのでそのまま続投にした。ハードウェアも前回契約そのまま続投でSakuraの1Gプランで月額990円、HDD100GB。今きづいたが、現在はSSDが標準で50GBだけど、100GBへ無料で増量できるのか。そして石狩データセンターだと少し安い。引っ越せばよかった。また次の式年遷宮で。

作業は3時間ほどでnginx起動までできて、そこからtDiaryを動かすUnicornをサービス化するところが前と変わっていてちょっとてこずって3時間ほどでtDiaryが動いた。全部でだいたい1日。

tDiaryを動かすRubyもついに3.0系に。最初は1.8系だったから遠くまで来た感がある。あとはRSS発行ができているかとかGoogle検索ができてなさそうとか細かいところは追って調整。

以下、作業時につまづいたところメモ

  • VNCコンソールではコピペできなかったのでシリアルコンソールを利用
  • Let's encryptの実行は前回実行が近くてテストできなかったので後日cron実行後に確認
  • Rubyビルド用のaptパッケージ群のlibreadline6がなくなったようなのでぐぐってaptパッケージ群を更新
    • たぶんこんな感じ
    • $ sudo apt-get install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm-dev libgdbm-compat-dev libgdbm-dev libdb-dev
  • tDiary bundle install時に ERROR: could not find idn library! が起きたので aptパッケージ libldap2-dev libidn11-dev を入れて対応
  • tDiary unicorn起動時にエラー、Ruby3.0でなくなったwebrick, rexmlをGemfile.localへ追加
  • unicorn 自動起動設定、Ubuntu18.04で /etc/init.d/ に置くオレオレサービスsystemctlにランレベルの表記が必要になったそうなので/etc/init.d/unicorn_tdiary先頭にランレベルコメント追加
#!/bin/sh
### BEGIN INIT INFO
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0
### END INIT INFO

追記(2021/05/03): Google検索できない問題は「HTTPSで検索できない」という問題で、調べたところ結果を貼り付ける部分のHTTP/HTTPSのmixed contents問題のようだった。Google Programmable Searchのページへ行ってデザインを設定できることがわかったので、結果をGoogleのページへ遷移することにした。いままではsearch google custom.rbプラグインをつかっていたのを外して、Google Programmable Searchで提供されるHTMLコード片をサイドバーに書くことにした。これでHTTP/HTTPS両方で検索できるようになったと思う。しばらく様子見。


2021-04-20 [長年日記]

_ tDiary 20周年

この日記でつかっているtDiaryがついに20周年を迎えた。この20年間でいろいろなブログサービスが出てきてはなくなっていき、その波にのまれることなく日記を同じシステムで書き続けられることのありがたみを改めて感じている。

Rubyの技術的にもいろいろな変遷を経ているはずで、CGIからRackへ、データ保存先はファイル以外にDBに対応し、書くフォーマットもMarkdownになった。なによりこの20年間の全てのRubyバージョンで動かすだけでもかなり大変だったのではないだろうか。$SAFEや$KCODEがRuby3.0でついにRubyから削除されたことに時代を感じられたのもtDiaryのおかげだ。

この日記は2003年9月からはじめたので、18年ほどつかっていることになる。意外と長い。この日記の歴史と私のRubyist歴はイコールで、そして社会人歴もほぼ同期間なので、私の成長の履歴がこの日記に残っている。なにより、tDiaryユーザーというラベルを持っているとRubyコミュニティに入っていきやすく感じた新参者の時代から、その後も長くtDiaryコミュニティのみなさんにお世話になっていることは本当にありがたい。今やRubyでお金を稼いで会社までつくることができた。tDiaryすごい。この日記を書き始めたばかりの頃の私にそれを伝えたら「えっ、Rubyが仕事になるの?しかも10年以上も仕事をしつづけられるの?!」と相当に驚くと思う。

長くメンテナンスをつづけてくれているtdtdsさん、hsbtさん、machuさん、ほかコントリビュートしているみなさんに深く感謝して、これからもtDiaryで日記を書き続けたい。そしてまたみんなで集まってお祝いのケーキを食べる世界が来ることを祈っている。

tDiaryは二十歳になりました: https://tdiary.org/20210420.html


追記