追記

いがいが日記


2022-08-18 [長年日記]

_ 美術館とランチ

https://www.hsbt.org/diary/20220807.html

hsbtさんのこの日記を読んで、なるほど美術館の中のレストランという選択肢があるのかと学び、妻と行ってきた。

東京都美術館に開館9:30のタイミングで行くと、2Fのレストラン・ミューズ(精養軒)が開く11:00のタイミングでちょうど見終わったのでお昼ごはんに。開店時は空いていて窓際の席で食べられて嬉しい。ミューズプレートは大人のお子様ランチという感じでとてもおいしかった。11:30頃から混み始めて12:00前には列ができはじめていたが、店内広いので回転は速そう。

東京藝大美術館はオークラが経営するレストランが入っていて、こちらも開館10:00に行って11:30頃からレストランでランチを食べた。ハンバーグを食べてホテルのソースの味だと2人で喜ぶ。本日のデザートがミルフィーユで、クリームがホテルのクリームだった。大満足。こちらも11:30〜12:30頃は混んでいたが、それを外せば待たずに入れそうだった。

どちらのレストランも美術館のチケットがなくても入れるので、散歩に行って立ち寄るのもたのしそうだ。

藝大美術館は展示物もよかったが、体験コーナーで筆で文字を書ける席があり、大きな窓から外の木々を見ながら文字を書ける体験がとてもよかった。美術館のそばでブルーピリオドとのコラボマンホール蓋を発見したのもたのしかった。


2022-07-31 [長年日記]

_ 結婚式

7月吉日、赤坂プリンスクラシックハウスで結婚式を挙げた。前に隣のビルで働いていたこともあり、この建物はレストランのようだが看板もあまり出ていないし、どんなところなのだろうと気になっていた場所で自分が結婚式を挙げることになったことに、人生の伏線を引く上手さを感じた。結果、とても良い日々を過ごせた。事前に料理も食べに行ったし、別途ランチとディナーも食べにいってとてもおいしかった。ランチは屋外の席でも楽しめる。皇族の方が建てた古い建物で、前撮りや打ち合わせも含めて、多くの部屋を見れたのがよかった。

聞いてはいたが予想以上に準備が大変で、夫婦で初めてチームビルディングをして挑んだイベントになった。主に私がプロジェクトマネージャー、妻がプロダクトマネージャーという分担で進めていた。タイプが違うプレイヤーだったのでより良くなる部分も多くあった。

前撮りでは風が強くカメラマンさんやメイクさんがたいへんそうだったが、とても良い写真を撮ってもらえた。当日はあっという間に過ぎていき、みなさんにお祝いをいただき充実した幸せな時間だった。

記憶に残る日々を過ごせた。高専時代の研究室の恩師の先生にスピーチをしてもらい、いい話をしてもらえた。スタッフの方々もご列席の方々にも多々助けていただいたと感じた日々だった。


2022-06-19 [長年日記]

_ COVID-19 対応生活日記

GW前から東京の感染者数はゆるやかに減り始め、GWで少し増えたりもしたけれど、最近は2000人以下で推移していて平和な雰囲気を感じる。医師会が熱中症の危険があるので屋外では話さなければマスクを外しても良い、といった新しい様式を提案したりもして、コロナ対策が日常にすっかり浸透してきたように感じる。

そんな中、今月妻がコロナ陽性判定を受けた。喉が痛いと言っていて、37℃ほどの微熱が出たので、念のため抗体検査+PCR検査を受けに行ったところ抗体検査で陽性判定になったそうだ。私も濃厚接触者となり、1週間程の自宅養生となった。さいわい妻の病状は検査前をピークに回復して、生活は普通に営むことができた。部屋を分けて生活し、アルコール消毒を入念にしたりといった感じだ。また、保健所?へ報告するアプリを入れて毎日の体温や血中酸素濃度を報告していた。血中酸素濃度を測るパルスオキシメータは東京都?がレンタルしてくれた。

一方で私もおそらく感染していたように思う。同居者は症状があれば受診できるそうだが、熱が出たら受診しようと思っていたらさいわい発熱はなく過ごせた。喉が痛かったので感染はしていたように思える。同居者も毎日体温と血中酸素濃度を記録するようにと用紙をもらった。驚いたのは、妻が陽性判定を受けたときは私ももう症状が出ていたので、そのタイミングで対策しても遅いということだ。相手の症状にあわせて対応では間に合わないので、これが広く感染する理由の1つかと納得した。私は仕事も家でいつも通り、生活もいつも通り過ごせたのはラッキーだった。買い物は外出できないので、Amazonフレッシュなどのネットスーパーを利用して玄関前へ届けてもらった。特に支障なく生活できてありがたい。

いまは2人とも回復していつも通りの生活が戻ってきた。後で調べてわかったが、健康保険や生命保険でコロナ自宅養生期間は入院扱いになるそうで、給付金がもらえる機会があるそうだ。私も受診して陽性判定を受けていれば申請できたようだ。とはいえ普通に生活できていたので、大きく困ることもなく過ごせたので良かった。ワクチン接種のおかげだと思うので、ここまで迅速に3回の接種を進めてくれた国や自治体の関係者のみなさんに感謝だ。


2022-05-04 [長年日記]

_ # a.flatエクステンション・ダイニングテーブルv02 950

ごはんを食べたりする用のテーブルを買った。a.flatの伸縮可能なテーブルを妻が探してきてくれた。普段は2人でつかうので短い状態でつかって、来客などで広くつかいたいときに伸ばせる。

店舗で見て良い感じだったので購入。つかってみると表面は汚れづらいようにコーティングされていて丈夫だし、想像以上に快適。大きさも短い状態でも2人だと十分に広い。いろんな人の使ったフィードバックが入ってこの形になっているのだなと感じる。長く使っていきたい家具になった。

椅子も同じメーカーで購入。椅子も店舗で一通り試させてもらって、気に入ったものを選べた。ネットで注文して、1週間程であっという間に配送された。テーブルは部屋で組み立てまで配送業者さんがしてくれた。

a.flatエクステンション・ダイニングテーブルv02 950 https://aflat.asia/a-modern/dining-table/dining/13029/index.html

ウッド・ダイニングチェア v03 https://aflat.asia/a-select/fabric/chair/30072/index.html


2022-04-18 [長年日記]

_ 折りたたみデスク

4月に千駄木に引っ越してきて妻と一緒に暮らし始めた。この日記もしばらくは新しく買った生活用品の話が増えるかもしれない。生活に必要なだいたいのものはお互いに持ってきたもので足りているが、2人同時にビデオ通話をしたいときに、メインの部屋とは別の部屋に机を置きたくなった。椅子は折りたたみのパイプ椅子をつかう想定なので、普通の机と同じ高さで、折りたたんでしまえるものが良さそうだとなった。

twitterで聞いたところ、河野君より「ガタガタしないかどうか」という観点を教えてもらった。いろいろ調べて、ニトリの折りたたみデスクがお値段以上なのではと感じたので買ってみた。4990円+送料約1500円。表示よりも随分早く、3日程で届いた。しっかりしているし、天板も手触り良く(ただし周辺はややバリがある)、デザインも好みな感じだったのでよかった。足のガタガタも大丈夫そうだし、なにより足がネジで高さ調整できるので安心感がある。

しばらくつかって試してみる。ベランダに少しスペースがあるので、ベランダに出してごはんを食べるのも良さそうだ。

折りたたみデスク Nポルダ(ミドルブラウン) https://www.nitori-net.jp/ec/product/8760988s/


追記